ヘッドハンターに会う理由

エンジニアにヘッドハンティングの話がくるのは多いことです。それは、国内からも海外からも来るでしょう。海外の場合は、エンジニアにとっては願ったり叶ったりなオファーかもしれません。しかし、多くのエンジニアがヘッドハンターに直接あった理由というのは、転職などの考えからではなく、自分の市場価値がどれくらいのものなのかを知りたかったからというのが多くの回答でした。

仕事にあまり誠意のない人というのは傲慢ちきで責任のない人間も多いです。しかし、仕事にしか目がいっていない人というのは、言われるまで自分の市場価値にすら興味や関心がないのではないでしょうか。自分がする仕事が楽しくて楽しくてしょうがない。でも、「言われてみたらまぁ気になる」くらいの人は、優秀な人材が多いということになるかと思います。

そのため、人間的にも魅力のある人物が多くスカウトされるということにもなるかもしれません。市場価値を気にしているのは自分だという人は、実際の周りからの市場価値は低いのではないでしょうか。もちろん、市場価値が全てではありません。それを気にするよりも、自分がどれだけの仕事をしているかを気にしてみたほうがいいのかもしれません。どれだけ小さな仕事であっても、それが自分の市場価値を高めるための第一歩だからです。そうした積み重ねが、自分の市場価値を聞いた瞬間の喜びを大きくしてくれる物です。ヘッドハンティングにあうということは、市場価値はそこそこあるということにもつながっているからです。市場価値も大切ではありますが、とことん仕事をしていくことこそが大切なことなのです。