海外と接点をもつ

海外からのヘッドハンティングは、エンジニアにとって最高に名誉なことではないでしょうか。国内のヘッドハンティングよりも好条件で会社を移ることが出来ますし、なにより海外から認められるというのは、大きなステータスになります。ですが、普通の企業にいても海外からのヘッドハンティングというのはなかなか難しいことです。なぜならば接点がないからです。接点がない状態では、海外のヘッドハンティングする人物にあなたのことが伝わりません。可能性はゼロではないにしても、限りなく低いでしょう。だとするのであれば、外資系などの海外と接点のある会社で働くことが、海外からのヘッドハンティングを成功させる近道です。外資系に囚われずとも海外との接点がある会社であれば、ヘッドハンティングされる確率は高いものになってきます。

なぜエンジニアにとって海外が魅力的かといえば、日本の賃金と海外の賃金とでは大きな差が開いているからです。日本の賃金はエンジニアにとって満足の行くものではないことが多く、IT土方などと呼ばれたりもするからです。その点、海外ではエンジニアの地位が確立されており、人気の職業でもあるのです。今のままでは、日本のITはどんどん海外に遅れることになります。そのため、海外へ転職したいと考えているエンジニアも多いのではないでしょうか。

海外からのヘッドハンティングと言うのは、エンジニアにとっては喉から手が出るほど欲しい案件なのです。だからこそ、海外との接点のある会社は競争率も高くなります。海外からのヘッドハンティングを狙って、ぜひその会社に参入しましょう。ヘッドハンティングがつながっていけば、ポストも大きなものに変わっていきます。